長かった冬も終わり、ようやく春がやってきました。

ゴールデンウイークは大混雑・大渋滞でしたが、ようやくひと段落して

通常の混雑具合になったように感じます。

しかし、相変わらず週末の人出は多い( ゚д゚)

さすが草津温泉です。

近所ではチューリップや石楠花に芝桜🌸やら、沢山の花々が咲き乱れています。

暖かくなってきたので、足湯に出かけたりお買い物に行ったり、公園でアクティビティ的な事をしたりと、動きの取りやすい時期になってきました。

同じ写真も混ざっておりますが、都合がございますのでご容赦ください(笑)

さて、

たいらの湯の近所にももちろんご高齢の方々がお住まいです。

先日はお茶のみにお呼ばれして「プチ寄り合い所」のような感じになりました😁

話が盛り上がって、最後は有り難い事にお昼までご馳走になってしまいました。

草津には国立療養所栗生楽泉園という国立ハンセン病療養所があり、

設立当時から働いていたという方に会うことも珍しくありません。



貴重な当時のお話を伺うことが出来るのも、同世代で思い出を振り返る様な

お茶飲み話の席だからこそなのではないかと思います。



普段の生活では話したり会ったりする事のなかったであろう人々が出会い、

お互いの過去を語り合い、現在の幸せを改めて感じられる。

そんな感じの会話でした。

古き良き日本のおもてなし?を感じることが出来る日々、皆さまに感謝です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA